2022-07-23から1日間の記事一覧

2/3『仮往生伝試文』そして / あるいは『批評 あるいは仮死の祭典』その2

「私、もう駄目かも」の永遠化 古井由吉著『仮往生伝試文』なのですけど、とにもかくにも死にそうなのです。 「私、もう駄目かも」の永遠化です。持続する死にかけ状態は、ここでは幸福の絶頂に似ています。異質のテキストがパッチワークになっているさまは…

1/3『仮往生伝試文』そして / あるいは『批評 あるいは仮死の祭典』その1

かり、かりる このところというか、この数年間ずっと読んでいるのは、蓮實重彦の『批評 あるいは仮死の祭典』と古井由吉の『仮往生伝試文』です。最近はこの二冊ばかり読んでいると言っても言いすぎではないと思います。手にしていないときにも、この二冊の…